アート×旅のブログ

都内の美大に通うが実技試験を受けずに入るイレギュラー美大生。絵なんか一回も描いたことないけどアートは好き。タイトルは旅とアートだけど割と中身は自由に書きますヨ。最近は制作日記的な要素も含みます

【北への第1歩編】ヒッチハイク旅1/2

f:id:momosuzu3:20200331123227j:image

久しぶりのヒッチハイク

夏のヒッチハイクからはなかなか二人とも忙しく行けなかったが今回は一泊二日のヒッチハイク旅に出た!

 

今回はどこに行こうかな〜…

夏は西日本を回った、ということは北しかない。うん北に行こう

ということで北に行くで決定!

 

東北自動車道に乗るルートで行けたらいいなぁとざっと行く前にルートを確認して

実際どうなるかなんて全然わからなかったのでホントにざっくりと 

 

---当日---

 

今回もまた狭山PAからのスタート!

私のテンションがなんだか上がりきらずあまりギアが噛み合ってないままスタート……

うーん。なんだったのだろう。

 

そんなテンションだったから30分ほど突っ立ていた。するとおじさんの乗った車が止まってくれた。

少し先のPAまで乗せてくれることになった。

車の中ではおじさんの身の上話をしてくれた。

いろいろな人の人生の話が聞ける良さがヒッチハイクにはあるなぁ。

 

菖蒲PAで降ろしてもらい、お礼を言って別れる。

 

サクッと次に進みたかったのでスケッチブックに次の行き先を書き込む。

行き先は【佐野方面】

待つこと数十分。オレタチの研ぎ澄まされた勘が言う。これ長いやつだ。。

 

ずっと寒い中立って待っているとおなかが減ってきてしまったのでいったん中に入ってご飯を食べることにした。

ご飯を食べ終わって改めて立つ

 

すると立つこと30秒ほどで家族で乗った車が止まってくれた

お母さん「乗ってく~~?」

 

お誕生日の子を乗せた車でした。おめでとう!!!

 

上河内SAでお父さんが

「なんか、あれやろお菓子とか飲み物いるやろ!」と

飲み物とお菓子を買っていただきました。ありがとうございます!

 

このご家族とはここでお別れ。

次に目指すは【那須高原

f:id:momosuzu3:20200331020452j:image

立つこと数分でご夫婦の乗られた車が止まってくれました。

 

今までここで話したことはなかったのですが、ピンクは人生のスタンプラリーをしていまして。その人生のスタンプラリーとは何ぞやといいますと

行く先々においてあるスタンプを自分の手帳に押しまくるということをしています

SA,PAにも必ず置いてあるので今までの旅行で立ち寄ったところすべてスタンプを押していました。

 

という話をすると、途中通過するすべてのPAに止まっていただきスタンプを押すことができました!(自分はやっておりませんw)

そしてゴールの地点の郡山駅に着くことができました!!

さらにお別れする際苺までいただきました。嬉しい。。。ありがとうございます。

 

そして見送る。サヨーナラー

f:id:momosuzu3:20200331020619j:image

とりあえず腹が減ったので入ったお店はマクドナルドw

そう自分たちは全く食に興味がない。

おい!まじか!

と思われる方もいるかもしれませんがまじです。いや、美味しいものを食べるのは好きですが別に食べなくてもいい。というスタンスです。移動や体験にお金をかけたい派なのであまり食事にはこだわっていません。

 

ここでホテルを予約しました。さて、行こうかと思って地図を見ると。

アレ、、、郡山じゃないじゃん。。。

しくった~~~

サイトには「駅前徒歩5分!」って書いてあったからてっきり長岡だと思っていたらなんと、、福島駅でした。。

自分「ごめんピンク。。間違って予約したの福島駅のホテルやった。。。」

暗くなってもうヒッチハイクはできないので福島駅までは電車で行くことにした

 

到着!!福島駅!

 

まずはホテルに行ってチェックイン

荷物を置いてまたおなかが減ったので何か食べに外へ繰り出す

 

自分たちが入ったのはSOサイゼリヤ 

食には興味のない自分たちはここに入ってご飯をたべる。

二人でワインを飲んだのだが自分は疲れか?ちょっとワインはあまり合わないというのもあってなんかめちゃ酔った。。

そのまま次に向かうはラウンドワン

そこでカラオケをした ※なぜかは聞くな!なんかあったからです!

 

小1時間歌ってホテルに戻る。

お風呂に入って寝た。。。 今日も楽しかった。。

 

 

 

新潟ヒッチハイク2/2編 三回目!

f:id:momosuzu3:20200329160643j:plain

 

朝起きると8時過ぎ

ホテルには朝食付きで、入り口に「客室にお持ち帰り可能!」って書いてあったチラシを見たので二人分を取りに行こうと着替えて部屋を出た。

 

一回のホテル内にあるカフェで朝食をもらおうと思ったら、スタッフの方に

「すいません。朝食はビュッフェ形式でお持ち帰りはできません。」

って言われてしまった。

OMG

すぐにピンクにLINEをした。

彼女も準備して少ししたら降りてきた。危ない危ない、、、

 

メニューはまぁ、よくあるやつ。でもなぜかドリンクが

【水 コーヒー 牛乳 アイスティー 緑茶 メロンソーダ】だった。

!?!? 

オレンジジュースを飲もうと思ったらメロンソーダしかない。なぜww?

 

朝食を食べ終えてのんびりパッキングをし10時にチェックアウトをした。

 

とりあえず長岡ICを目指すために地図をみる。

ちょっと歩いた先にICまで続く大通りがあってまだ時間もあるしなぁと思って歩くことにした。

f:id:momosuzu3:20200329164254j:plain

途中大手大橋を渡る手前にウオロクというスーパーがあったのでそこでなんか食べ物買って河原でピクニックをしようかということになった。

ロールケーキと飲み物を買って河原に行く。

天気良し!気温良し!

f:id:momosuzu3:20200329160643j:plain

f:id:momosuzu3:20200329160856j:plain

 

さぁここでフラグ回収です!

ピンク「あっ!!!動画の提出期日、、、今日の朝の8時やった。。。」

OMG

めちゃ落ち込むピンク、、、。

とりあえず連絡をしたいけどギガが足りないということでとりあえずWiFiがありそうなイオンに移動。

たこ焼きを二人で食べながら彼女の用事が終わるまで待つ。

 

終わってそろそろ帰らないとねぇということの午後三時

さぁて捕まるかな。。??

 

とりあえず長岡ICって書いて道端に立つ。

乗せてくれたのは酒屋さんのおじさん。

おじさん「あんたらぁ、面白いことしてるなぁ!!!」

とめっちゃ面白がってくれた

 

短い距離だったがいろいろ話して「また来るときあったら連絡しなよ!!」と言ってくれ連絡先を交換した。

 

ここでハプニング2

ヒッチハイカーとしてあるまじき俺らのPASMOスケッチブックをうっかり車の中に忘れてきたのだ、、。

f:id:momosuzu3:20200329164007j:plain

彼の最後の姿

最後の姿であった。。

 

こっからですよ。次に繋がらない。。。うーーん怪しい

僕たちは次の日にアルバイトが入っていたので何が何でも今日中次帰らないと。。という状況。

 

一応電車を調べてみると17時31分が新宿に22時着の電車、、乗るならこれだった。

 

ギリギリまで粘ったが、結局電車で帰ることにした。

そう、初めてのヒッチハイク失敗である!!

 

ここで学んだこと

なるべく早め早めの行動をしよう!

曜日を気にしながら動こう!

 

この二つである。ホントに 

ということで急遽電車旅になったのでもう一度長岡駅に向かってヒッチハイク

すぐにつかまった。車にはおじいさんが乗っていて、卓球に行く途中だそうだ。

ありがとうございます。

駅の近くまで乗せてくれた。お礼をして別れた。

電車の時間まであと20分ほど

とりあえず、駅弁を買おうということで駅弁とちょっとおかしを買って電車に乗る

 

こっから新宿まで5時間!

電車ではYoutubeNetflix、寝たりしながら時間をつぶしました。

f:id:momosuzu3:20200329165808j:plain

f:id:momosuzu3:20200329165819j:plain

f:id:momosuzu3:20200329165815j:plain


そんなこんなで新宿に到着!!

お疲れさまでした

 

次はどこかなぁ

 

 

コメントお待ちしてます!!

 

 

 

新潟ヒッチハイク1/2編 三回目!

f:id:momosuzu3:20200328014138j:plain

 

相棒のピンクと話していてそろそろ旅をするかということで 

久しぶりにヒッチハイク旅を決行することに

 

行き先は【新潟 長岡】 

 

理由は初回新潟ヒッチハイクの旅で仲良くなったお兄さんと夜ご飯を食べるため!です

連絡をしてみたらちょうど日程が合い、去年の夏以来の再開決定!

 

本日のスタート地点もそう狭山PAもう仏子駅からここまでの道は慣れたもんです。

私たちも手慣れたもんでPAにはいるとさっとカバンからボードを取り出し行き先を書いて掲げます。

ボードには【高坂SA方面】と書いて。

 

乗せてくれたのは暇だったからどっか行こうと思っていたおじさん。感謝

自己紹介をしてお話をしていると

 

おじさん「お昼食べた~~」

私たち「いえ、まだなんです」

おじさん「じゃあ、どっかで食べようか!」

 

ということでやってきました駒寄PA

中にある食事ができるところで

おじさん「好きなの頼み~!」

とご馳走してくれました。ありがとうございます!

自分は【山賊焼き定食】をピンクはソースかつ丼を注文

f:id:momosuzu3:20200328001613j:plain

山賊焼き定食

 

チキンデカい!!食べ応え十分!!

ちなみにピンクのソースかつ丼もめっちゃ美味しかった。ソースたっぷりついてて美味

でした!

 

ご飯を食べ終わってから赤城高原SAまで送っていただきお礼をいって別れました。

赤城高原といえば第一回新潟ヒッチハイクで景色がよかったところです!!

 

------------------------------------------

週末ヒッチハイク『新潟-1/2編』

https://rioton.hateblo.jp/entry/2019/06/11/141320

↑↑↑↑↑ こっちも読んでね! ↑↑↑↑↑

懐かし

------------------------------------------

景色は残念ながら山はガスり、雨が降ってきてしまったのであまりよくはありませんでした。。。

 

f:id:momosuzu3:20200328004826j:plain

今から、晴れるよ!(一級フラグ建築士

それと、なぜかここで彼女が就活で使う自己紹介動画を撮影しました。いやこんな就活生おらんやろ~~(※後に、起こる事件をまだ彼女は知らない)

 

次の行き先を掲げてまた道端に立つ。

スケッチブックには【塩沢石内SA】

 

15分ほど立っていると一台の車が止まった。

BMWに乗ったかっこいいおじさんだ。このおじさんは長岡まで行くらしく「乗っけてあげるよ」と言ってくれゴール確定!ありがとうございます。

良い車というのは本当に乗り心地が良く(他の車が悪いという悪意は全くございません)ピンクはふと気が付くと横で寝ていた。

外の景色は次第に新潟の地形になっていき、ところどころに雪が残っているような景色に心を躍らせる。

 

f:id:momosuzu3:20200328013029j:plain

f:id:momosuzu3:20200328013059j:plain


本当に楽しい。。。。

長岡につき駅前まで送っていただきお礼を言って別れた。感謝

なんと今回めっちゃ順調にいったので4時間でついてしまった!高速バスかて

11時発の15時着!スゴ 運がよかった。

 

f:id:momosuzu3:20200328013145j:plain

 

長岡駅前でまた就活用の動画を撮影

 

それが終わるともう少しで着くというお兄さんを待つ。

お兄さんが到着してそのままドライブに連れて行ってくれた。

インスタを見て知っていたけど、車が新しくなっていた。めっちゃかっこいいスバルの車だった。

 

お兄さん「予約したお店の時間まではまだ時間あるし、どこいく~?」

ピンク「海とか、行ってみたいです(ボソ」

お兄さん「じゃあ、行くか!出発~」

 

あっという間に柏崎について

日本かーーーーーーーーーーーーーーい!

f:id:momosuzu3:20200328013250j:plain

f:id:momosuzu3:20200328013259j:plain

f:id:momosuzu3:20200328013306j:plain

f:id:momosuzu3:20200328013758j:plain




ちょうど夕方の時間だったのでめちゃ綺麗な時間帯。しばし三人で海を堪能する。

海に向かって石を投げたり、海岸沿いを散歩してみたり。

一通り満足すると車に戻って、予約してくれたお店に向かう。

予約してくれたお店というのはお寿司屋さんだった

なぜかというと、数日前にお兄さんから

 

お兄さん「何か食べたいものある??」

自分「なんか魚介系食べたいです!」

ピンクにも聞いてみる

ピンク「お米が食べたい!!」

自分がお兄さんに伝える

 

それでお寿司屋さんになった。素晴らしいアイディア。。。

お兄さんがたまに行くというお寿司屋さんに連れて行ってくれた。しかもそこは回らない。。。私は回らないお寿司に行ったのは初めてだった。

メニューをみてお兄さんが言う

「お寿司上コース頼んじゃえ ここは俺が出すから!」

ええぇ、いいんですか、いや、え、どうしよう!

と二人であたふたしてると

「ええから、ええから」と。

お言葉に甘えて上コースをいただくことに。

そのほかにも卵焼きなどをちょこっと頼んで私は日本酒もいただくことに。

 

料理が運ばれてきて食べる。

うまああああああああああああああぁ!!

なんじゃこれは。。すごい美味しい。。(語彙力

今まで食べたこともないような深い味がした。。お兄さんありがとう

大トロはすっと、溶けた。最高 

日本酒はお寿司にめっちゃ合うということも知った。大人の階段上りました。

 

f:id:momosuzu3:20200328013422j:plain

 

ご飯をごちそうになって長岡駅まで送ってもらう。

道中私たちとお兄さんの出会いの場所、最初に乗せてくれたバッティングセンターの前を通るとちょっと打っていくかということになりちょっと遊んだ。

また遊びましょうね!と約束して別れた。

そのあと自分たちはホテルにいってチェックイン

はずだったが、うっかり自分が一日日付を間違えて予約してしまっていた!!

しかし、受付の方がもう一度予約していただければキャンセル料もかからないと言ってくださったので再度予約しなおしてようやくチェックイン!

 

ようやくホテルのベットに横になることができました~

そのあと一旦コンビニ行って、お風呂に入って寝ました。。

 

----一日目終了------

 

 

 

 

初Airbnbを利用してみた!実際どうなん?

f:id:momosuzu3:20200304133303p:plain


どうもこんちゃす

 

2月は近場でということで江の島に行くことになりました!

江の島で一泊しようということになり宿を探していたところ私

 

閃きました(ぴきん!)

 

Airbnbを使ってみよう!(前から一回使ってみたかった)

ということでいろいろ探してお宿を決めました。

------------------------------------

片瀬江ノ島駅から徒歩10分

海から5分

自転車が無料でついていて

アパートの一室

ベッド2台

テレビ

食器、料理器具

------------------------------------

なかなかにいい条件

決定!

 

当日まずは受付で部屋の説明と鍵を渡される。

受付のゲストハウスから歩いて徒歩10分ぐらいで今回のお宿に到着!

中に入るとまず広い玄関。二人中に立っていても邪魔にならない。

部屋の雰囲気はマリンで統一されている感じで清潔感もばっちり!!(最&高)

部屋の満足度はMAAAAAX 素晴らしい。

基本的アメニティは完備のほか、メイク落としや、ヘアアイロンまで完備という素晴らしい。。。

なんといっても海が近い(見ることはできなかったけど歩いて5分以内)

外に出てすぐに自販機もあった。(お世話になりました)

f:id:momosuzu3:20200304132934j:image

f:id:momosuzu3:20200304132938j:image

 

Airbnbの料金体形は

 

基本料金+人数(宿泊地によって一人当たりの値段は変動)+清掃料(場所による)+サービス料(Airbnbの利用料)

 

となっている。

 

そう!サイトを見てい

『あれ!ここ安いじゃーん』と予約を進めていると

他の金額が合わさって最終的に別に安くなくなる

 

という現象が起きます。。。。ご注意!

 

 

 

今回私たちが宿泊した場所は

一泊6000円

人数は二人だったが3人になると追加料金が取られる場所だったので0円

清掃料2000円

サービス料1135円

 

合計9135円 

一人当たり大体4500円ちょっと

 

さてこれが安いか高いか・・・

 

Airbnbを使うか、ホテルに使うか。。という疑問です。

 

 

今回はよく旅する学生でそんなに高い場所には泊まれない

という条件で話を展開していきます

 

普段いつもヒッチハイクとかで止まる時は基本はホテル泊

素泊まりの大体一泊4500円ほど。 

一人当たり約2250円前後

 

正直、連泊して旅行をするのであれば圧倒的に安ホテルに泊まったほうがお得です。

 

ではAirbnbのいいところはなにか!?

と言ったら、まずホテルや旅館では泊まれない普通の一軒家に泊まれることです

しかも、中には家がめちゃくちゃ広かったり、暖炉がついていたり、囲炉裏がついていたりなどちょっと変わった場所に泊まれる!という利点があります。

もちろん、、一風変わったところはまぁそれなりにお金もかかったりしますが

旅のメインに宿を持ってくるのであれば全然いいのでは!?と思います!

 

しかし、私たちのようにヒッチハイクなど素泊まりメインの旅人はAirbnbは当日予約ができないのでちょっと使いにくい。。。

 

という結果になりました。

 

是非Airbnb使ってみたいと思っている方は使ってみてください!

 

 

 

 

 

指輪作りに挑戦!

ある日、ネットの広告で「オリジナルの指輪を作りませんか」というものをみて調べてみたら割と安いお値段で作れる場所があると知って

彼女に、「これやってみない??」といったのがきっかけで行くことに!

 

予約が必要で1か月ほど先まではほとんどもう埋まっている状態。 

可能な日と二人が空いている日を照らし合わせながら探してみると10月30日に空いていたのでそこに決定した。

 

当日14時からの予約で店に入ると中にいくつか作業台が置いてあり2組のカップルがすでに作業をしていた。

 

一つのテーブルに案内さをされまず必要事項を記入したあと指輪のデザインをどうするかを決めることに

デザインには三つあって

甲丸  一番シンプルな指輪

平打ち 指輪の表面が平たくシャープなデザイン

槌目  金槌で叩いて入れる模様

 

ちなみに今回私たちが作ったのは3番の槌目模様にした。

 

そのあと自分の指輪のサイズを測った。自分は14号 結構大きく感じた。

 

さてエプロンを着ていよいよ作業開始!

 

まずは金槌を使って槌目模様を入れる練習から、細長い金属を渡されて叩く。強く叩きすぎてもダメ出し弱すぎてもダメ。

横でしっかりスタッフの方にみてもらいながら二人で叩く。

 

その練習が終わったらいよいよ

本番用の細長い金属を叩いていく。

f:id:momosuzu3:20191208124013j:image

 

お互いの指輪を作りあった。

 

叩き終えると次は指輪を丸くする作業にうつる。ペンチで丸くした後、繋ぎ目に金属を挟み火で炙ってくっつける。要は溶接かな?

f:id:momosuzu3:20191208124253j:image

↑これを溶接した。

 

そのあと歪んでいるのでこれを相手の指のサイズに合わせながら形を整えていく。

f:id:momosuzu3:20191208124413j:image

 

形を整えたあと指輪を磨いていく。まずは鉄ヤスリで角を丸くしていく。

その後布に研磨剤を染み込ませてせっせと磨く。

 

 

最後に刻印を入れるのだが(作業はスタッフの人がやってくれた)

お互の指輪に"HAVE FUN"といれた。

 

完成!!

f:id:momosuzu3:20191208124622j:image

宝じゃ宝じゃ

 

これで3800円ほど…安い…

 

オススメですよ!

 

【場所】

鎌倉彫金工房 

2店舗あります! 予約は早めに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人には人の被写体がいる

こないだの授業のことだ

 

みんなでいつも自分が撮ってる写真を持ち寄って、見せ合いをしよう!

という内容だったので各々写真を持ってきた。

 

ちなみに私が持っていった写真はこれ

f:id:momosuzu3:20191006102957j:image
f:id:momosuzu3:20191006103004j:image
f:id:momosuzu3:20191006103001j:image

f:id:momosuzu3:20191006103356j:image
f:id:momosuzu3:20191006103359j:image
f:id:momosuzu3:20191006103353j:image

 

前半は自然の写真

後半は旅先のフィリピンで撮った写真だ。

 

自然の写真はしっとりと濡れた感じがでて面白い写真だねと言われた。

だが

後半の人の写真は、被写体にまだ撮らされてるね〜と言われた。

確かに基本的に人を撮影することはないのだがとっても現地の人たちが幸せそうでこれは撮るしかないと思い写真を撮った。

会話してなるべく彼らとのマインドスペースを狭くとることを心がけたつもりだった

 

「人を撮影する人の中には人を撮影するためだけに生まれたような人がいる、その人が撮る写真をみたら自分には撮れないと思ってしまうほどの人がいる。」 

 

そう言われた。

本当に心から人が好きで、サラッと人のパーソナルスペースに入り込めてしまう人。

 

…そんなに自分は人が好きではない……

 

絶対この世界では勝てないと思ってしまった…

 

写真集を作る!!


授業の課題だったのですが写真集を作りました。

 

4人一組のグールプワーク。

それぞれ撮影のキーワードを決め、最後に全体を通して一貫性または何かテーマのある写真を作る。というのがゴール

 

【作業の流れ】

・各々が自分のテーマに沿って写真を撮影する

・撮影した写真を全て印刷して卓上に並べる

・その中から自分達のテーマを見つける

・また撮影しに行く

・また並べる

・写真の順番を決めるand印刷方法の決定

・構成を考える

・表紙、裏表紙のデザインを決定する

・用紙を決める

・印刷

・製本

 

これを全て1ヶ月の期間で行なった。

まず最初に各々が撮った写真を並べる。グループメンバーは元から知ってる友達もいれば知らない人もいる。

それぞれが多様な写真を撮ってくる。

私たちはそれらの写真を並べてテーマを決めることにした。

 

卓上に並べてみる。

「うーん…」バラバラである。

 

ここで私たちはバラバラな写真に勝手に共通点または反対の意味を含むような写真をピックアップし見てる人にちょっと考えさせる楽しさを含んだ写真集を作ることにした。

 

みんなの写真を見てみると、被写体の全体をガッと撮影した写真や、「これは、何処のなんだっ!?」という写真が多かったので

《断片》というタイトルにした

 

タイトルが決定したので次の授業まで追加で各々撮影。

 

そしてまた写真を並べる。

 

次に写真の順番を決める。見開きで意味を含むような写真集を作るので、まずは2枚1セットを考える。

これと、この写真を組み合わせてみたらどうか?

いや、こっちか?

 

それで決まった組を次にどういう順番で流れを作るかを考える。

 

それと同時に印刷方法と、紙を考える。 自分たちは固すぎず、柔らかすぎない紙がいいというのと、マット紙がいいということで0.26mmの厚さのELECOMのスーパーファイン紙にした。

 

印刷はインクジェットとレーザーのどっちか、両方印刷してみて黒いトーンがしっかりでたレーザー印刷にすることにした。

 

順番が決まって印刷方法、印刷する紙が決まったら次はレイアウトを考える

 

本を開いたとき、中心の部分を喉 その反対側の辺を口という。

喉の部分に写真がかぶらないようにレイアウトの時は少し口側によせる。

 

そんな感じで各々9ページ分を担当し、自由にレイアウトした。

 

最後にできたデータをまとめて完成だ。

印刷をして、製本。 製本方法は今回、無線綴じにした。

 

f:id:momosuzu3:20191004162553j:image

 

f:id:momosuzu3:20191004162603j:plain

右側の草と英字が何かやばそうな草を連想させる。

 

 

f:id:momosuzu3:20191004162606j:plain

 電線が交差してる部分が右の文字の内容とあっているような、ないような。。